予防・歯のクリーニング

歯のクリーニング

歯のクリーニング多くの方は、歯科医院へ行くことを躊躇してしまいます。これには、子どもの頃からのトラウマや、歯科医院独特のニオイなど様々な理由があると思います。 何度もむし歯や歯周病の治療を受けた方は、口を揃えて「もう治療を受けたくない」と言います。では、どうしたら良いのでしょう?その答えはとても簡単で、3ヶ月に1回程度、歯科医院で歯のクリーニングを受けることです。
むし歯や歯周病は、バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊が原因です。このバイオフィルムを3ヶ月に1度きれいに除去してあげれば、むし歯や歯周病にならないことが分かっています。
定期的にクリーニングを受けていた方は残存歯が多く、治療だけ受けていた方は年齢を重ねるごとに歯を失っている事が統計データでは出ております。歯科医院でクリーニングを受けることは、とても重要なのです。
歯科医院に行くのは嫌だと思われている方が多いですが、定期的に歯科医院に通っていただいた方が嫌な思いをしなくて済みます。近年では、これまでの「治療をしに歯科医院に通う」という概念から、「予防によって歯を守るために歯科医院に通う」という概念に変わりつつあります。現在では、歯科医院独特のニオイやキーンという音は、環境整備を整えて不快感を感じにくくする工夫をしており、歯科医院も昔とはかなり変わってきています。

歯のクリーニングの種類

保険のクリーニング

保険で行うクリーニングは、主に歯石の除去となります。
保険でクリーニングを行う場合、まずは検査が必要になります。検査を行って病名がついたら、それに対しての治療として歯石除去を行う形になります。基本的には検査を行わずに歯石除去のみを行うということは出来ません。
もし、単純に歯石だけを取って欲しいとなると、自費診療での治療となります。
また、保険治療では「予防」という概念がないため、予防のために歯周病の治療を行ったり、歯の表面を数種類の研磨剤で磨くなども出来ません。つまり、行えるクリーニングに制限があるということになります。

自費のクリーニング

自費で行うクリーニングでは、様々なことが出来ます。
内容としては、歯石の除去からむし歯の予防など様々です。自費によるクリーニングには保険のような制限がないため、患者さまのご希望に合ったクリーニングをご提供することが可能です。もちろん、予防を目的としたクリーニングも行うことが出来ます。
これらが自費のクリーニングの最大のメリットになります。
定期的に歯科医院でクリーニングを受けることは、むし歯や歯周病によって歯を失うリスクが低くなります。そのため、歯科医院で定期的にクリーニングを受けることをおすすめします。

予防メニュー

PMTC

PMTCとは(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士が専用機器を使用して行う歯のお掃除です。専用の機器を使用して歯に付着した汚れを落とし、歯を1本ずつ、研磨剤を使用してツルツルにみがき上げていきます。セルフケアでは落としきれない歯と歯の隙間などに残った汚れなどを除去し、お口の中を全体的にきれいにします。一緒に細菌も除去するため、むし歯や歯周病の予防にもなります。

ブラッシング指導

歯科衛生士が歯みがきの正しい方法を指導いたします。鏡に歯ブラシが当たりにくい場所を映しながら、一緒に歯ブラシを使って、しっかりと汚れを落とすことができる歯みがきの方法をお伝えします。

エアフロー

タバコのヤニや茶渋などの汚れは、PMTCではきれいに落としきることができません。エアフローはこのような頑固な着色汚れも、微粒子の入ったウォータースプレーを吹き付けて落とすことができます。汚れをジェット噴流で吹き飛ばすため、施術後は歯の表面がツルツルになります。

スケーリング

歯の表面に付着した歯石を、スケーラーと呼ばれる専用器具を使い、1本ずつ丁寧に除去していきます。歯石と一緒に細菌も取り除くことができるため、歯周病の改善と予防にもつながります。

定期的な歯科検診の重要性

定期的な歯科検診の重要性日本の歯科医院においての定期検診の料金(3割負担の方)は1回2000~3000円程度で、年に3~4回の通院を行ったとすると、トータルで1万円程度になります。これだけ聞くと、ちょっと高いと思ってしまう方もいらっしゃるかと思います。
実は、日本の歯科治療にかかる費用は、先進国の中ではかなり安い方なんです。
アメリカなどでは治療費は全額自己負担のため、治療費が非常に高額になります。日本の保険制度は、歯科治療を受けやすくしてくれるとても優秀なシステムです。
当院では「お口の病気は全身疾患の元」と考えています。
定期検診やメンテナンスを継続的に受けて歯をケアしていた方のほうが、将来的に支払う医療費が安く済んだという調査結果もあります。(中日新聞 2011年3月11日)
歯科医院で定期検診を受けることは、全身の病気へのリスクを低減させるということになります。
健康な方だと定期検診に年間1万円は高いと感じてしまうかもしれませんが、長期的に見ればお口の健康を守ることは全身の健康につながります。ぜひ、健康への投資と考え、定期検診に通っていただきたいです。

一番上に戻る
TEL:03-6427-2617 24時間WEB予約24時間WEB予約