background

渋谷メトロプラザ歯科|短期集中治療

渋谷メトロプラザ歯科の口腔外科

背景画像

口腔外科とは

ph1

口腔、顎、顔面全体の先天性・後天性疾患を扱い、それらの機能を回復させる診療科です。事故やけがによる歯や顎の変形などの外科的治療、口臭症などの内科的治療、また良性・悪性腫瘍などの治療まで幅広く行います。

この領域では、食事や発音、会話がうまくできないなどの機能的な障害のみならず、歯や顎の変形など審美的な障害も生じてくるので、治療により口腔、顎、顔面全体の形態や機能が回復することで表情が明るくなり、健康的な美しさを取り戻すことができます。

治療内容

むし歯や歯周病の治療、入れ歯の作製など一般的な歯科領域での対応が困難な症状の診断、治療を行います。

ph2
埋伏歯抜歯術
埋伏歯というのはいわゆる『親知らず』のことで、口腔外科では最も一般的な治療の1つです。
埋伏歯の一部が口の中に露出しているとその隙間に汚れが溜まり、歯ぐきが炎症を起こしたり、隣の歯がむし歯になる要因となります。健康な歯まで抜かなければならなくなる可能性がありますので、例え痛みがなくても早めに抜くことをお勧めします。
歯根嚢胞
主にむし歯によって歯の神経に感染が起こり、神経が腐って歯根の先に形成される膿の袋のことです。顎骨内にできる嚢胞の中で最も多い嚢胞です。 この嚢胞を放置すると少しずつ増加し、顎骨をどんどん吸収していきます。
初期の小さな嚢胞であれば一般的な治療で改善することもありますが、ある程度進行してしまった場合、根の治療をしても改善しないことがほとんどです。
顎関節症
顎が鳴る、顎が痛む、口が大きく開かないなどは顎関節症の症状で、自然に治るものから日常生活や仕事に影響を及ぼすものまで、さまざまな症状があります。
生活習慣、姿勢、食べ物など原因は多岐にわたりますが、症状に応じて、原因を解消する治療と症状を緩和する治療を組み合わせて行います。